1. 院長あいさつ

    患者様ひとりひとりと誠実に向き合います

  2. 当院について

    当院について

  3. 施術料金表

    高品質な施術をお得な価格で

  4. お悩み別

    お悩み別一覧

  5. 初診予約

    ご予約をお待ちしております。

  6. 再診予約

    再診予約はこちらから

汗のお話

夏も終わりに近づきましたね。今回は汗のお話。

汗って必要なの?

もちろん、必要ですね😃特にオイリー肌の方に多いと思うのですが、「顔に毛穴なんてなければよいのにーー!」っと思ったことはありませんか(・・❓私は結構あります😅ただ、人体は良くできたもので、本当に必要ないものは勝手に退化していくため、体にあるものの大半は必要なものでできているのですよね🙄毛穴を完全になくすことはできず、美容皮膚科施術でも、どうやって毛穴を目立たない状態にもっていくかということに尽力しています😎…完全に話がそれましたが、汗のお話に戻ります。よく「犬は汗をかかないので体温調整が難しい」という話をききます。うちの子も暑い日にはグッタリへばりやすく、水を飲んだり、冷たいフローリングでお腹を冷やしたり、舌でへっへっ(ぜぇぜぇ?)することで体温を調整しますが、それにも限界があるため、エアコンをフル作動させて温度や湿度管理には気をつけなければなりません🐶💦

 

無汗症という病気

以前に勤務していた皮膚科で「無汗症」の臨床研究を任されたことがあり、「汗が出ない病気にかかってしまった方」を診療させていただく機会が多々ありました。「汗がでないなんて羨ましい!」と思われることがあるかもしれませんが、彼らは運動後や、夏などの暑い時期になると、汗がでないがために体温調整などがうまくいかず、容易に熱中症となり、「バタン!!」と倒れてしまうことがあるのです💦本当に困りますよね💦生まれつき汗がでない病気の方もいらっしゃれば、ある日突然に汗が出なくなってしまわれる方(後天性特発性全身性無汗症)、アトピー性皮膚炎などによって皮膚がダメージを受けた事によって汗が出にくくなってしまわれる方など、原因は様々です🧐人の体はスゴイもので、汗が出にくい部位があった場合「代償性発汗」が働き、出口を失ったものが、代わりに他の部位から大量の汗がでたりするのです。だから、「私は汗っかきだ」と思っている人が、実は汗が出ない部位があったなんてことも…🙄あまり認知度が高くない病気でもあると思いますので、「熱中症を繰り返す方」は、この病気が関与している可能性を疑ってもよいかもしれませんね。ただこの病気、原因不明のことも多く、全容が解明されておらず、有効な治療法が限られていることもまた問題です😢皮膚科の病気って、「原因不明」や、「治療法が確立していない」ものが多く、これらを研究していきたいと思ったのが、私が皮膚科を学び始めたキッカケでした😱(今から思うに、内臓は見えないがために問題になりにくい病気でも、皮膚って見えちゃうから、問題になりやすく、原因不明な疾患が積みあがっていくのかも🤔)研究って本当に奥深くて、点と点をつなげて線にしていくような、他の先生方と協力して、一連のストーリーを作っていくような感覚が楽しいのです。

 

そうはいっても汗っかきも困る

汗って大切なんですね。一言で汗といっても、汗の種類も色々なのですがザックリ省略です😃日常でよく問題になるのは、手汗や脇汗ですね。よく処方される外用成分として、塩化アルミニウムがあり、商品ではパースピレックスが有名ですかね。汗腺にフタをしちゃいましょうという発想で、かぶれさえ気を付ければ、比較的使いやすいと思います。アセチルコリンをブロックする作用でいくと最近は、外用薬であるエクロックゲルが脇汗に対して新たに保険的適応となり、保険診療での選択肢がふえましたね。塗るタイプの薬が面倒な方には、クリニック施術でいうボトックス注射も一部脇汗に保険適応となっています。脇に直接注射してしまうことで、日々の煩わしさから解放されます。保険適応までいかない軽症の方の場合には、美容クリニックでも脇汗ボトックスを承っております🤗 数か月程度効果が持続するため、大半の方が、年に1~2回程度うけていただければ、脇汗を過剰に気にすることなく快適に過ごしていただけるイメージです。ボツラックスの様なジェネリックであれば比較的お安くうけていただけますね。ニオイも伴うとなると、アポクリン汗腺を直接切り取ってしまう手術も選択肢に入ってきます。これも一部保険適応があり、1泊入院して治療をする病院もあります。単純そうに見えて、脇に血だまりができやすく、少しリスクのある手術なので、私がうけるなら入院してドレーン(血抜きの管)を入れておいてほしいかな。手術後にはしっかりと安静を守る必要があります。勇気がいるものですが、満足度は比較的高いオペです。

夏の終わりに書く記事じゃなかったかも。思いつくまま書き始める、つぶやきコラムらしいですかね😳