1. 院長あいさつ

    患者様ひとりひとりと誠実に向き合います

  2. 当院について

    当院について

  3. 施術料金表

    高品質な施術をお得な価格で

  4. お悩み別

    お悩み別一覧

  5. 初診予約

    ご予約をお待ちしております。

  6. 再診予約

    再診予約はこちらから

美白クリーム

美白クリームとして一番有名なものの一つに、ハイドロキノンがあります。ハイドロキノンは、ある程度の濃度のものを使えば、しっかり効果が出せる反面、注意点も多いものです。高い効果を求めるためには、ある程度のリスクを伴うのは、美容施術全般にいえることですね🤔ハイドロキノンは肌に合わない方、アレルギーの方が一定数いらっしゃるのに加えて、その細胞毒性から長期連用ができないなどのデメリットがあります(※その分、上手に取り入れれば、しっかり効果が出せるお薬です!) そこを補うためにも、他の美白クリームを選択肢として持っておいてもよいですね😗有名なところで、ルミキシルやシスペラなど色々とでています💫

色々考えて、当院では3種類の美白クリームを取り扱っています。

①ハイドロキノン(HQ)

当院で取り扱っているハイドロキノンは2種類。1つはロート製薬さんの4%ハイドロキノン(HQダブルブライト)です。こちらは6g入って2000円くらいなので、部分使いにおすすめです。使用感がよく、VitE配合・防腐剤フリーと余分な成分が入っていないので、変な刺激がなく、純粋にハイドロキノンを取り入れることができます。それでいて、安定した製品なので、常温保存ができる優秀な一品。ロートさんさすがです🙄 海外の安い大量売りのハイドロキノンとかだと、劣化が早く、冷蔵庫保存のものも多いので💦

当院で取り扱っているハイドロキノン。もう1つは、言わずと知れた人気シリーズ、ガウディスキンの4%ハイドロキノン(HQクリア)です。こちらは、60g入って9900円と、ロートさんの10倍量。広範囲に肝斑がある方や、セラピューティック時の全顔使用におすすめです。トレチノインとの併用を想定されているため、1%グリコール酸を含有しています。そのため、単純なHQ製品と比べて、効果が高くだせるようになった代わりに、赤みなどは少し出やすくなっています。(なので、ガウディHQで赤みがでても、ロートHQではでないことも多いのです🤗)そうは言っても、ゼオスキンなど海外製品と比較して、グリコール酸1%というのは、アジア人向けに少し抑えた処方なのに加えて、余分な成分は徹底的に排除してあるので、ゼオのHQで大変なことになってしまった方でもガウディは問題なく使えたりする、日本人が作った日本人のための製品なのです💫もちろん常温保存OKです。(ハイドロキノンはその不安定さから、比較的劣化が早く、変色がきたりするので、古いものは必ず破棄してください💦海外製の古いHQを使用されて色沈をきたす方は本当に多いので、注意をお願いします💦)

②アゼライン酸(AZA)

2つめは、アゼライン酸(ロート製薬、AZAクリア)です。こちらも人気シリーズで、コロナ禍では度々欠品して全国的に品薄でした💦1本2000円と比較的お手頃価格で、ポイント使いをすれば数か月使用できます。アゼライン酸は、酒さ(あから顔)やニキビにも効果があるので、これがないと困る!という方もいらっしゃるほどです。本邦では、アゼライン酸含有製品が少ないのもあって、こちらに人気が集中するのでしょう。美白作用に加えて、毛穴詰まりを改善する作用があるため、ニキビが出来やすい場所に塗布して予防に使ったり、出来てしまったニキビをはやく枯らして色素沈着を予防したり、様々な使い方ができます😎赤ら顔の方や、どちらかというと皮脂が多めだったり、ニキビがちな肌の方へよくおすすめする美白剤です。ハイドロキノンと異なり、長期連用が可能で、妊婦さんもOKです。朝夕、ポイント使いをおすすめしています♪ 私は顎にニキビを繰り返すタイプなので、鼻や顎にはAZAを日常使いしています💫

③トラネキサム酸(TA)

3つめは、今回新しく採用したトラネキサム酸クリーム(プラスリストア、ホワイトクリーム:2750円)です。トラネキサム酸は肝斑の治療薬として有名ですね。こちらのクリームは美白剤としてはもちろん、保湿成分を含有しているので、乾燥による小シワの改善効果も検証されており、乾燥しがちな目元や口元のケアにおすすめできます。べたつかず、伸びがよいので使用感は抜群です。もちろん肝斑にもOKなので、トラネキサム酸が内服できない方や、HQからの切り替えでの長期使用などもできますね。特に目回りって色素沈着をおこしやすい部位にも関わらず、治療が難しかったりするので、アイクリームにもおすすめ。かゆい所に手が届く製品です🤩

もちろん、レーザー治療後などスペシャルな時にはハイドロキノンを使用して、1ヵ月程度たって落ち着いた頃にAZAやTAへ切り替えるなんて使い方はよいと思います。AZAやTAは日常ケアに使えるため、部位によって鼻や顎はAZA、目元や口元はTAなどの使い分けもよいかもしれません♪ 特にレーザー治療後には、内服をしっかりされていたり、外用クリームをしっかり取り入れている方は、経過が全然違うのです💦 カウンセリングであまりおすすめすると押し売りされたと感じられちゃうこともあるので、特にまだ関係性が出来ていない初診の方など、強くすすめにくい場面では、サラッと流すこともあるのですが、折角治療をしていくのであれば、併用が断然おすすめでございます🤗