1. 院長あいさつ

    患者様ひとりひとりと誠実に向き合います

  2. 当院について

    当院について

  3. 施術料金表

    高品質な施術をお得な価格で

  4. お悩み別

    お悩み別一覧

  5. 初診予約

    ご予約をお待ちしております。

  6. 再診予約

    再診予約はこちらから

シミ内服薬

「ビタミンCを内服しているのにシミが消えません」とよく相談を受けます🙄私自身、ビタミンC内服はひろくオススメしていて、1日2~3gぐらいのビタミンC(レモン100~150個分)が無理なくとれればよいと思っています。シナールでは量が足りないので、ワカサプリが一押し! いや、もはやシミ治療をする時には、必須だと感じています。ビタミンCはコラーゲンを産生していくためにも必須ですし、自分で作り出すことができないのと、くすみ対策にもなってくれます🤗ただ、ビタミンさえ飲めば今あるシミがなくなるなんてことはなくて、あくまで治療時の補助的役割、もしくは予防的なイメージを持っていただければと思います。

シミ内服薬

レーザー治療などのシミ治療をしていくにあたって内服薬は必須で、内服されない方にはレーザーをしないという先生もいるくらいです😅メイクなどの摩擦も悪化因子ではあるため、メイクする人にレーザーはしないという方針のクリニックも!私はそこまで強気な姿勢になりきれていないのですが、結果は明らかに変わるため、患者様ご自身のために内服をされることをおすすめしています。ただ、カウンセリング時に「治療に必要なものなのでお安くしています、内服をしておいた方がよいですよ」というと、大体やんわりとお断りされます😂きっと営業されていると感じられているんだろうなぁと💦「薬局でも売っているので飲んでくださいね」まで言う様にしています💦きっとどこかで購入して内服or外用してくれることを祈って、、、医療とはいえ美容という側面もあり、なかなか難しいですね💦当院では、シミ内服の処方は1か月分¥3300に設定させて頂いております🙇‍♀️💦

当院では、シミ内服薬としてワカサプリ(高濃度ビタミンC)、シナール(ビタミンC+パントテン酸)、ユベラ(ビタミンE)、トラネキサム酸をご用意しております。これらの主要成分は、薬局でも普通に販売されているため、ご自身で購入することも可能です🥰トラネキサム酸だけは少し注意が必要で、一般論ですがピル内服中の方は併用しない方が好ましいとされています。(通常、色沈予防のために使う1日500mg程度であれば問題ないことも多いのですが、注意が必要なことは確かです。)

 

レーザー後色素沈着

レーザー治療をするときに最もやっかいな副反応は色素沈着です。従来のレーザーと比較して、ピコレーザーは色素沈着がかなり起こりにくい点は最大のメリットで、絆創膏処置も不要にはなってきていますが、その方の肌質やケア方法によって、100%おこらないわけではないのです。しみスポット治療後、1~2週間後からが一番大切な時期で、ここの期間の過ごし方を間違えると、色素沈着が出現しやすくなります💦色素沈着は、折角レーザー治療をしたのに、またシミが出現したように見えるため、戻りジミと呼ばれているやっかいなやつです😥一度色素沈着がおきれば、半年~1年程度待つしかない側面が強いのがつらい所ですね。そこを防いでくれるのが、シミ内服(ビタミンC、ビタミンE、トラネキサム酸)、外用(ハイドロキノン、トレチノイン)になります🤩スポット治療後、1ヵ月間の過ごし方が本当に大切です。よくレーザーは夏を避けて冬にやれば大丈夫と思われている方がいらっしゃいますが、スポットでやるのかマイルドスポットでやるのか、、、つまり照射モードや強さによって、夏でも冬でも色素沈着に対して気を付けるべきことは同じなのです。とにかくメイクを軽くして肌を触らないことです💦

色素沈着を起こしやすい肌質は、肝斑がある方や、赤ら顔っぽい人(毛細血管拡張がある方)などある程度予測はできて、色素沈着をおこしやすくする要素は、強い日焼け(日焼け止めをつけて日常生活を送る程度は大丈夫かと思います)、摩擦(強いメイクはしないにこしたことはありません)、内服や外用をしないなどになります💦

 

当院では、この色素沈着のリスクを最大限避けつつ、少しずつ回数かけてレーザーで顔全体をキレイにしていくプログラム(ピコダブル)が大変人気で、ピコレーザーの良い所をしっかり活かすことができるメニューで、いちおしさせて頂いております🤩ピコマイルドスポット、ピコトーニング、ピコフラクショナルは全部同時に照射することでこそ相乗効果をおこして、ピコレーザーの最大限の恩恵を享受できるものだと感じています♪