1. 院長あいさつ

    患者様ひとりひとりと誠実に向き合います

  2. 当院について

    当院について

  3. 施術料金表

    高品質な施術をお得な価格で

  4. お悩み別

    お悩み別一覧

  5. 初診予約

    ご予約をお待ちしております。

  6. 再診予約

    再診予約はこちらから

スーパーフォト治療(ICON)

マルチな効果を狙える肌質改善 ICON(アイコン)

フォト治療とは、しみ・くすみを薄くしたり、肌にハリやツヤを出すなど幅広い肌質改善効果を期待できる治療です。主にお肌のエイジングケアに用いる治療器ですが、レーザー治療と比較して、ダウンタイムが短く、広範囲に多彩な効果を狙った治療が可能なため、根強い人気があります。

スーパーフォトセラピー(アイコン)は、500-670nmと、870-1200nmの2つの波長帯にフォーカスし、比較的深いところにあるシミ・くすみ・赤みまでしっかりアプローチできます。また、他機種と異なり、これら複数の波長を一度に照射することができるため、フィルターで波長を選択する必要もなく、フォトのメリットであるマルチな効果を狙うことができます。また、病変によってパルス幅設定を適切に設定することで、より高い効果を期待できるだけでなく、その変更に連動して狙う波長帯にエネルギーを効率よく自動分配することができる高性能機種です。

当院で導入したスーパーフォト(アイコン)には、特許技術の高性能な冷却装置が取り付けられており、照射する接触面が常に効率よく冷却されているため、肌にジェルを塗布する必要もなく、照射時の痛みを最低限に抑えて、安全に高出力の光照射をすることができます。アイコンは、これまでのフォトフェイシャルと比較して、非常に切れ味がよいため、他のフォトを受けられたことがある方でも違いを実感していただけると思います。

フォト治療は、最初の2~3回が最も反応がよく、初めて美容医療をうける方にもおすすめできる施術です。フォトなどの熱を加える治療に関しては、頻回すぎる照射にならないよう、肌診断機を用いて毎回経過を確認しながら、月に1回の照射を3回程度した後は、お肌の状態に合わせて、3ヶ月程度あけてメンテナンス照射を行いながらケアを継続していただくことをおすすめしております。また、全顔照射の場合、施術後にエレクトロポレーションによるクーリングモードで、美白成分(トラネキサム酸)導入を行うことでお肌の鎮静をはかります。

こんな悩みにおすすめ

  • お肌の全体的な若返りをしたい
  • ハリ・ツヤ・キメを整えたい
  • そばかすを改善したい
  • 赤みを改善したい

ダウンタイム

【施術時間】施術 10~20分 (+初診の方はカウンセリング30分、再診の方は15分程度)

【麻酔】麻酔の必要はございません

【腫れ】半日~数日程度、赤みやほてり感が持続します。翌日以降、シミが浮き上がった様なかさぶたが生じることがありますが、無理に剥がさないようにしてください。肌の状態によって個人差がありますが、1~2週間程度はシミが濃くなることが多いですので大切な予定の前は避けてください。

【施術後】洗顔・シャワーは当日から可

【治療間隔】照射は4週間はあけて、お肌の状態に合わせて3回程度の治療がおすすめです。

(それ以降はお肌の状態に合わせて、無理のない範囲で、エイジングケアのメンテナンスとして3ヶ月程度はあけての維持治療をご提案しております。)

よくある質問

Q1:「アイコンと他のフォトの違いは?」

A1:
ICONはフォトの中でも最も効果が高い機種の一つです。大きな特徴は、メラニン・ヘモグロビンへ反応するのと同時に、コラーゲン造成効果が期待できるため、しみ・ハリツヤ・血管の赤みの3つに同時に効果が期待できることです。特に赤みへの効果に関しては、アイコン以上のフォトはないと思います。また、他の機種と比較して冷却機能がしっかりしているため、痛みを抑えて安全に高出力な治療ができるのが特徴です。

Q2:「アイコンはどんな人におすすめ?」

A2:
アイコンは、フォトの中でも最も効果がでるマシンの1つでスーパーフォトと呼ばれています。シミ・ハリツヤ・血管の赤みのすべてに同時に効果があるため、顔全体の平均点がぐっと上がり、肌質改善や若返りができる治療です。1か月おきに3回程度うけていただくとよいです。また、皮膚のコラーゲンは、年を重ねるごとに分解されて減少していくため、3ヵ月程度あけてメンテナンスで照射していくことで、皮膚のコラーゲンが増加するため、お肌の若返りが可能になります。そばかすや赤ら顔の方には特におすすめで、徐々に肌質をよくしていきたい方に向いています。

Q3:「ハイフとフォトの違いは?」

A3:
ものすごくざっくり説明すると、ハイフは超音波を、まるで虫眼鏡で光を集めるように一点集中させて、深さ4.5mmの筋膜層を引き締めることで、たるみへアプローチします。(※通常、2mm,3mmと3層照射を行います。) 一方フォトは、ヘモグロビンやメラニンに有効な波長の光を照射することで、色(シミ・赤み)へアプローチします。両者とも熱を加えることで、お肌のコラーゲンを増加させる作用がありますが、狙いと深さ・アプローチが異なります。

       

 

Q4:「肝斑があるけれどフォトやハイフは受けられる?」

A4:
肝斑は表皮(皮膚の一番浅い所)で起こっている炎症を反映しているので、状態によっては肝斑を落ち着かせる治療(外用・内服など)を優先する場合があります。フォトは表皮を貫通するように熱が加わるため、肝斑を再燃させるリスクがありますが、肝斑を恐れすぎて何も治療をしないことはありません。その方の肌状態に応じてメリット・デメリットを鑑みて、一緒に治療方針をご相談していきます。一方、ハイフは超音波を虫眼鏡で一点集中させて熱を加える方法なので、表皮への影響は少なく、肝斑がある状態でもうけていただくことができ、むしろハイフによって真皮の再構築が行われることで肝斑が良くなったという報告もあります。

フォトセラピー(ICON)施術料金

全顔
¥20,000
鼻・頬のみ
¥15,000

※治療毎に肌診断機を使用しての経過観察・医師診察を行います。(追加料金はありません) 
※顔全体に照射した後、設定を変えて気になる部位にスポット照射を足していくオーダーメイド治療です。
※可能であれば、前日までに顔の毛剃りをして来院してくださるよう、お願い申し上げます。

施術Treatments