1. 院長あいさつ

    患者様ひとりひとりと誠実に向き合います

  2. 当院について

    当院について

  3. 施術料金表

    高品質な施術をお得な価格で

  4. お悩み別

    お悩み別一覧

  5. 初診予約

    ご予約をお待ちしております。

  6. 再診予約

    再診予約はこちらから

ピコプレミアム、しみ取り放題?

最近レーザーシミ取り治療を希望される方が増えています。レーザー治療はシミを減らすために大変優秀なものですが、当然気を付けなければならない点がありますね💫医者も患者も恐れる最大のリスクはやはり「色素沈着」です😭どんなレーザーにもつきまとう、やっかいな色素沈着。2-3人に1人が色素沈着をおこすリスクありなんて叫ばれていた従来のQスイッチレーザーと比較して、この色素沈着のリスクが半分以下とまで言われるようになったのは、ピコレーザーの最大の功績の1つです。ただこのリスク、肌質や経過によっては、当然皆無(ゼロ)にはできないため、徹底した予防が必要になります!

ピコシュア

ピコシュアはメラニンとの親和性が高く、シミ治療において他のピコレーザーより効果的な治療が可能になっています。従来のQスイッチと比較して色素沈着のリスクが軽減され、トーニングやフラクショナルを併用することで、シワ治療も一緒に可能になった、まさに美肌作りには欠かせないマシンです。

レーザー後色素沈着とは

レーザー後の色素沈着は、患者さん目線で簡単に言ってしまうと、「シミとりレーザーしたのに、シミがかえって濃くなったじゃん。」という状況です(…一時的なものではありますが)。レーザー治療後、1-2週間で一度うすくなったシミが、その後で濃くなってくるため、「戻りジミ」なんて呼ばれることもあります。これは炎症後色素沈着といって、炎症の痕が残っちゃった状態、、、よく皆様が経験するニキビ痕のようなものです。自然経過で、何もしなくてもお顔なら半年~1年程度でゆっくり薄くなっていくのですが、元々すごく薄いシミであった場合には、一時的とはいえ元よりも濃い状態となってしまうため、折角レーザー治療をしたのになと悲しい気持ちになってしまいますね。私がピコレーザーを採用した最大の理由はこの色素沈着のリスクを極限まで減らした治療が可能になるためです。(当院に他院のレーザー後色素沈着の相談でいらっしゃる方もおられますし、逆もきっとあるのでしょうが、基本的には一度色素沈着がおこると、時間経過を待ってある程度見守ることも必要になってきます💦)

ピコダブルとは

ピコダブルは、最もオススメしているレーザー施術です。要は、強い照射をバシン!とやってしまうから色素沈着をおこすのだということで、肌状態にもよりますが3~6回程度を目安に、顔全体をキレイに仕上げていこうよ、というスタンスです。ピコトーニングやフラクショナルは肌質を改善してくれるだけでなく、色素沈着の補正にも使えるため、色素沈着をおこしやすい肌の方はこれらを活用しながら、慎重に治療をすすめていきます。とにかく、肌診断機を使いながら経時的に肌と向き合い、レーザーへの反応を見ながら微調整して全体を仕上げていきます。治療中、ビタミンCやトラネキサム酸の内服も併用しながら!ピコWは、ピコシュアの良さを一番発揮できる照射方法だと思っております🤗私自身、このピコシュアWをうけたことで、肌質の改善を実感していましたが、患者様から「ハリがでたためか、法令線が薄くなった」「肌全体がすごくきれいになった」と感想を頂戴することが多く、とても嬉しいメニューです。

ピコプレミアムとは

ピコプレミアムは、遠方の方など、何度も通院する事は難しい方が希望される事が多いメニューで、色素沈着リスク回避のためにできることを最大限やりつつ、一気にきれいにするために少しリスクを取っていく感じです。上で述べたように、レーザー治療1回でシミを取りにいこうとすると色素沈着という、反動がつきまといます。この色素沈着がなるべく起きないように、内服(ビタミン、トラネキサム酸)+外用(抗炎症、トレチノイン、ハイドロキノン)や美容液導入(ビタミン、トラネキサム酸)を併用しながら、遮光を徹底し、なるべくお顔に触らない様に気を付けつつ、1回の治療で出来る限り最大の効果を目指しましょうという治療です。高出力でスポット照射を行うため、こすらない、内服+外用を忘れないなどの徹底注意が必須です。万が一、色素沈着がおきてしまった場合には、少しずつ薄くなるので内服や外用を併用しながら待ちましょう。もちろん初回ピコプレミアムを受けて、2回目以降トーニングやフラクショナルで仕上げることも可能です。

アイコン

お顔の複数のシミが気になる方で、オススメの治療方針をと言われた場合には、まずは初回1~2回アイコン治療後、ピコレーザーへの移行をおすすめしていくこともあります。アイコンは中層までのシミ・赤みを一掃してくれるため、絶対的な色素量を減らしておくことで、深層までのレーザーの入りがよくなり、出力も落とすことができるため、戻りジミリスクを減らすことができ、治療をスムーズに運びやすくなります。はじめにアイコン治療を行うことによって、レーザー治療の必要回数自体もリスクも減らすことができます♪

もちろん、何しても良くなる肌質の方もいらっしゃれば、何しても難しい肌質の方もいらっしゃって、一概にまとめることは難しいのですが、ある程度の経過を予測することは可能です😊肝斑を恐れすぎて何もしなければ合併しているシミは良くならないし、色素沈着を恐れすぎて弱出力の照射ばかりしていても状況は良くならなかったりするため、経時的にお肌と向き合いながら考え、時には共にリスクを取って一緒に美肌を目指しましょう♪♪