1. 院長あいさつ

    患者様ひとりひとりと誠実に向き合います

  2. 当院について

    当院について

  3. 施術料金表

    高品質な施術をお得な価格で

  4. 初診予約

    ご予約をお待ちしております。

  5. 再診予約

    再診予約はこちらから

  6. お悩み別ページ

肌を滑らかに~ポテンツァ

メディカルブロー(アートメイクのお店)広島店ができるときいて、ちょっとテンションが上がっております🤗東京の美容クリニックで働いている時に、皆で行ったなぁ。何ランクでやった?!何店の誰が上手だよーなんて話しながら😘そろそろリタッチに行きたかったのでちょうどよかった😎モッズクリニック(脂肪吸引に特化)や、あおば(脱毛クリニック)とかもどんどん広島にきてて、選択肢が広がっていきますね。特化型クリニックは非常に効率化されているので、学ぶべき点が多々あります。特に広島県はこれまで大手クリニックがあまり参入してきておらず、治療相場はかなり高かったと思うので、これからはちょっとした価格競争もおこり、美容医療はさらに身近になっていくのではないかなぁと思います。さて我々はというと、のんびり、まったりと市街地から少し外れた安芸長束で診療を行っております。私もアートメイクや脱毛は、それに特化したクリニックに行っちゃったりしますが、肌治療となると一元的にはできずその人の経時的な肌のクセ(?)に合わせた治療が必須になるので個人クリニックの強みがでるのではないかなぁと感じております🥰

施術メニュー

一般的に、美容施術の「痛み・ダウンタイム・リスク」と「治療結果」は比例すると考えていて、適応がある方にその治療を選択した場合には「価格相場」もそれに比例する傾向があると感じています。つまり、ザックリと安価な施術は、リスクもダウンタイムも痛みも少なくてすみますが、治療結果ももちろん劇的な変化を求めるものではないものになる傾向があるというイメージです🙄それは必ずしも悪いことではなくて、肌メンテにおいてそういう施術も組み合わせて行っていくことは必要ですし、都心と比較して地方では同じ施術でもマイルドにやって安価で提供するスタイルの方が、ニーズが強い言われています。一方で、良く分からないけれど、定期的に何とかというメニューを受けていたら、気が付いたらお顔が副反応のデパートだった(?)なんていう問題もかなり起きてきています。広島市の市街地から少し離れた住宅街で美容皮膚科をやっていこうと思った時に、色々と考えた結果、機械的に沢山の患者さんを流し見していくスタイルよりも、しっかり結果を求められるスタイルにこだわってやっていきたいなぁと思い、機材の選択も行ってきました。本気でやっても難渋する時はありますが、結果を求める姿勢は大事🤩!!

凹凸治療

凹凸治療はこれまで数多の施術が存在してきましたが、かなりリスクをとった治療を行わないと結果がでにくい側面があり、導入する機材を決めかねていました。ある芸人さんが「数百万払って治療をしてきたけれど効果が乏しい治療が多かった」なんて言って話題になりましたね😥 凹凸治療は若い方の方が結果がでやすい傾向にあると思いますが、コストやリスクを考えると若い方には手を出しずらいものであったりもします💦凹凸治療の1つとされるCO2フラクショナル等は、当たり障りのなくマイルドにやったのでは効かず、効果を出すためには、風がふいても痛いような激しいダウンタイムと、長期間の色素沈着を覚悟する必要があり、そのようなリスクをとった施術まで行うクリニックは本当に少ないと思います。色素沈着がおこりやすい日本人には扱いが難しい治療の一つではあって、ましてや肝斑好発年齢である40代以上の方が多い当院には、厳しい治療かなと感じていました。

ポテンツァ

ポテンツァについては、ダウンタイムと結果のバランスが優れていると感じていて、設定をいじることで多彩な効果を発揮できる点も気に入っています。もう数か月以上前から、デモをしたり他の先生から情報を頂いたりして、ずっと悩んでいた機械で、インスタとかでもその様子をちらちらと載せていたので、お問い合わせ頂くことも多かったのですが、決め手はやはり通院されている患者様からの導入希望のお声でした。アイコンやピコで肌質や色味が改善してきたら、今度はやはり凹凸治療もしていきたいと希望されることが多いのは納得ですよね!肌の細かい凹凸ってメイクしても隠せないどころか、逆に目立ってしまうので、お気持ちよく分かります🤗表皮への影響を抑えられるので、肌質へ配慮した治療ができることも良いですね。広島で受けようと思ったら、1回20~30万円というお高め相場の治療になりますが、現実的に3回は受けていただきたいので、価格は抑えめで提供してまいります。多彩なモードからオーダーメイドに治療を組み立てていきます😘

ダーマペン・ポテンツァ・ピコフラクショナル

これらは、やり方によって全く別の施術になる代表的なものなのですが、現在当院での使い分けとして、下のイメージです。

ダーマペン4は、何となく肌が元気がないとき、美容成分をしっかり入れて肌にハリを持たせるのに使用

ポテンツァは、総合的なエイジングケアや、鼻頬の毛穴が気になるときに使用

ピコフラクショナルは、目回りの小じわ、ちりめんジワ等が気になる時に使用

⇒同じ施術はまずは3回受けて頂きたいと考えています😎

「シミもシワも毛穴も全部気になるけど、もう何からしたら良いのか分からん!」と言われた時、こんなイメージで治療をすすめてみるのはどうでしょうか?!【アイコン1回⇒ピコW3回⇒ポテンツァ3回】もちろんあくまでイメージの1例で、経過によっては軌道修正が必要になりますが肌全体、全層を変えていくイメージで、、、アイコンで大まかな赤み・茶色を除去しながら、その治療への反応で肌の活動性を見極め、ピコシュアに入り、くすみ・しみ・小じわを一気に片づけ、最後にポテンツァで肌深部を整えながら、肌を滑らかにシミができにくい肌にする😆色々やることがあるな、と思っちゃいますが、これが近道だと今は考えています🤗